コラム

口コミや評価に左右されないWeb集客を行いましょう

2022年08月21日
口コミや評価を気にしない

Webサイトを運営、というか会社やお店の経営を行なっていると業種問わず様々なサイトで口コミ(レビュー)や星などでの評価を受けることがあると思います。
この評価の良し悪しで集客や経営に影響が出ることもあると思いますが、評価で集客・収益に大きな影響がでないようなWeb集客を心がけることが必要な時代になっています。

本質を見抜けないユーザーが増えている

この口コミ・レビューという一見便利そうな機能のおかげで一般ユーザーが商品やサービス、お店、企業の本質やコンセプトを理解しづらい時代になっていることは間違いありません。
このレビューや星などの評価だけで動くお客さんが多いのも現実。

ここでこの流れに乗ってしまうと健全な経営が行えなくなる可能性もあるので、会社やお店のコンセプトや本質などを理解してもらえるように「お客さんを育てる経営」を心がけるようにしましょう。
一時的には大変かもしれませんが、長く経営するには必須になります。

ポータルサイトでの集客をメインにするのはNG

飲食店ならグルメポータル、美容関連はクーポンサイトや美容ポータルサイトで集客を行なっているお店も多いかもしれませんが、私はこの経営手法は危険だと思いおすすめしておりません。

このようなサイトの影響で口コミや評価だけでお店を判断するユーザーが増えてコンセプトなどを理解せずに来店して、自分が思っていたのと違った場合は悪い評価や口コミを投稿するということも多々あります。

また、ポータルサイトからの来店者はリピートしづらいとの声も多くの経営者から聞いております。

ポータルサイトの場合、お店や会社のオリジナリティを出すことがほぼできないため、同業他社と横並びで見られるようになり、評価やレビュー、価格などで判断されてしまうため本質的な部分が見えにくくなるのです。

お店の価値を理解してくれるお客さんを増やしましょう

飲食店の場合の価格は一般お客さんはその値段しか見ていないことも多いですが、このようなお客さんを獲得するのではなく、料理の他にお店に入ってから出るまでの価値に対して料金を払ってくれるお客さんを増やしましょう。

この価値は「料理そのもの」、「接客」、「お店の雰囲気」、「サービス内容」、「立地」などトータルで判断してもらうのです。

これは飲食業に限ったことではないのですが多くのサービス業でも同様です。

自社サイト(オフィシャルサイト)を強化

上記のようなポータルサイトを軸とした集客では口コミや評価で流されやすいお客さんが多くなりますが、自社サイトをしっかり作り込んでお店や会社のコンセプトを理解してくれるお客さんを獲得することをおすすめします。

この方がリピート率も上がり長く安定して経営が可能になります。