コラム

Webでの宣伝は3ヶ月後・6ヶ月後を考えて進めましょう

2022年05月23日
Webでの宣伝

自社のホームページ上で新しい商品やサービスなどの宣伝を行う場合、3ヶ月後や6ヶ月後の結果考えて準備して進めましょう。

Webというとすぐに効果が出るイメージがありますが、中小企業や個人事業主のサイトの場合、結果が出るまで少し時間を要します。
これはアクセス数にも関係がありますが、日のアクセス数が数千から数万あるようなサイトであれば結果も早いのですが、一日のアクセス数が数十から数百の場合、効果を感じるまで少し時間がかかります。

新しい商品やサービス、また季節ごとのキャンペーンのお知らせを行う場合、効果を上げたい時期から逆算して準備を進めましょう。

例えばクリスマス商戦に商品を売りたい場合、11月にはその商品のページをアップする必要があります。
そこに合わせて準備を進めると以下のようになります。

7〜8月くらいに商品やサービス内容を検討
(制作会社へ依頼している場合はこの時点で軽く伝えておきましょう)

9月にページ制作開始

10月にページアップ

11月上旬に受付開始

このくらい余裕を持って準備を進めていきましょう。

新しいページが検索結果に表示されるまで時間がかかる

このように新商品、新サービス、キャンペーンなどのページを新しく作って公開しても検索結果にすぐには表示されないのです。

早くても数日、長ければ1ヶ月くらいかかるケースもあります。
このようなことからできるだけ早めにページを公開(アップ)して検索エンジンに収集してもらうようにしましょう。

早い反応が欲しい場合はSNSを活用しましょう

早いアクションが欲しい場合はTwitterやインスタグラムといったSNSの活用が効果的です。
SNSはWebサイト本体よりも反応が早いので、うまく活用してサイトへ導きましょう。