マニュアルサイト制作

集客目的のWebサイト制作

Webのプロによる集客用Web制作

Webのプロによる集客用Web制作

長年培った技術と知識を基に集客に結びつくWeb制作を行います。

Webの環境の変化はとても早く、その時代に合った戦略が必要となるためWebをフルに活用して常にする際は専門家Infinityへお任せください。

業種や目的にあわせた最適な制作・運営方法をご提案いたします。

はじめて運営を行う事業者様もしっかりサポートしますので、お気軽にご相談ください。

Web集客の仕組み

アクセス数を増やすのが絶対条件

Webサイトを活用して集客・収益アップを目指す場合、サイトへのアクセス数を伸ばすのが絶対条件になります。
ではどのようにアクセス数を増やすのか。いくつかの方法がありますので下記をご覧ください。

SEO対策
まずは基本のSEO対策です。
SEO対策とはGoogleなどの検索エンジンでキーワード検索した際に検索結果の上位に表示させる技術です。
これは集客を行うには必須になります。
Infinityでは「地域名+業種名」での上位表示よりも違う方法でアクセス数アップに結びつくSEO対策を提案しております。
MEO対策
Google Map、マイビジネスを活用して自社サイトへ誘導してアクセスを伸ばすことも必須になります。
思った以上にGoogle MAPからのアクセスがあります。
Web広告
検索結果の上部や下部などに表示させるリスティング広告やディスプレイ広告、様々なサイトで募集しているバナー広告を活用することでアクセスを伸ばすことが可能です。
SNSとの連携
今の時代、SNSを活用して自社サイトへ誘導するのは必須です。
Twitterやインスタグラムなどに投稿してアクセス数を伸ばしましょう。

デザインではなくコンテンツ重視

見た目のかっこよさではなくコンテンツ(サイトに掲載されている内容)を重視します。
どんなに綺麗でかっこいいホームページでもユーザーが知りたい・ユーザーに有益な情報が載っていなければ集客効果は期待できません。

一般的なコーポレートの会社やお店の概要や商品やサービスの紹介の内容が中心になり、サイト規模もあまり大きくはならず10ページから多くても20ページくらいで収まることが殆どです。
集客型Webサイトの場合、これでは「コンテンツ不足」なります。
そこで商品やサービス紹介以外のコンテンツを充実させることが必須です。

売り込まずに購入後・利用後の状況を想像させる
商品やサービスの概要だけではなく、「その商品を購入したどんな生活が待っているか」、「このサービスを受けたらどう改善するか」など購入後やサービスを受けたあとの想像ができるようなコンテンツを増やす。
困っている・悩んでいる内容を掲載
ターゲットとするユーザーが悩んでいること、困っていること、解消させたいことを個別に掲載します。
1の事象に対して1ページづつ作ります。
このページを充実させることで検索エンジンからダイレクトにこのページへアクセスするケースが増えます。
そこから自社の商品やサービス紹介ページへ誘導します。
具体的には例えば医療機関の場合、多くは治療法の説明ページなどが多くありますが、それに加えて「症状」や「疾患」のページをできるだけ多く増やして、そのページにダイレクトにアクセスしてもらいます。
工事会社などであれば施工事例などを掲載することも有効です。但しこの場合、「◯◯の工事を行いました」という簡単な内容ではなく、「なぜこの工事が必要だったか」、「どのような工法で施工したか」、「施工後の状況は」どうか、などできるだけ詳しい内容を掲載することが大事です。
このように業種・業態にあわせて最適なコンテンツをご提案しております。

このようにコンテンツを充実させていくと上記のSEO対策にも結びつき、サイト全体のアクセス数も伸びます。
とにかくあまり商品やサービスを売り込まずに、ユーザーが求めている内容を想像して、それに応えられる内容を掲載することが大事になります。

スマホ中心で考える

現在のアクセス端末の状況はメインはスマートフォンになります。
BtoCや医療機関の場合、9割くらいがスマートフォンからのアクセスになっているケースも多く、殆どのユーザーがパソコンで閲覧していません。 BtoBの場合でも半数以上がスマートフォンからのアクセスとなっていることが多い状況です。

実際のアクセス状況もそうなのですが、検索エンジンのGoogleがモバイル中心(スマホ中心)に検索結果の基準を出しているので、スマホでの見やすさや操作のしやすさ、サイトの軽量化が非常に大事になります。

サイト規模

Webサイトの規模(ページ数)によっても集客効果、アクセスアップ効果が変わります。
Googleは小規模サイトより大規模サイトの方が検索でヒットしやすい構造になっているため、必然的に規模の大きいサイト運営が必要となります。

例えば同業種でA社が10ページのサイト、B社が50ページのサイトとなっている場合はB社の方が有利になります。
但し、内容の薄い(情報が少ない)ページを数多く増やしても効果はありません。
必ずユーザーが知りたい内容を充実させたページを増やすようにする必要があります。

Webサイト完成後の作業

Webサイトを新規制作、またはリニューアルして安心してしまってはダメです。
ここからが本番です。

実際の来客状況やオンラインのサービスであれば利用状況などを確認しながら、サイト内容の修正等を行いましょう。
アクセス解析なども確認しながら、ユーザーの反応を見て文章やページの修正、追加、表現方法の変更などを続けていく必要があります。

ブログ・コラムの活用

Webサイト内にブログ・コラムを設置している事業者様も多いかと思います。
これを活用することで集客に結びつけることができます。

Webサイトのメインコンテンツには商品・サービス・上記のユーザーの知りたいコンテンツを掲載してブログやコラムでは補助的な内容を掲載していきます。
具体的には雑学やお役立ち情報などです。 また、業種によっては「オーナーの人柄」がわかるような内容も有効です。
但し、業務に関係のないことは書かないようにしましょう。

ちなみにブログはレンタルブログではなく、自社サイト内(同じドメイン内)に設置しなければ効果はありません。

このように様々な要素を考慮して集客できるWebサイト制作を行います。
現在サイト運営中でなかなか集客に結びついていない場合やこれから新たに制作をご希望の事業者様はまずはお気軽にご相談ください。

制作費や運営コストの目安

集客用Webサイトの制作費

主に個人事業主様や中小企業様の場合は下記の費用が多い状況です。

集客様Webサイトの制作費

集客用Webサイトのランニングコスト

SEO対策やコンサルティング、広告運用を含めたランニングコストです。

集客様Webサイトのランニングコスト

制作期間・納期について

集客用サイトの場合、規模や機能によっても違いますが制作期間は最低でも2ヶ月程度要します。
できるだけ余裕を持ってお申し込みください。
お急ぎの場合も対応可能なケースもありますので、お気軽にご相談ください。