Webサイトリニューアルについて

Webサイトはリニューアルが必須

Webサイトはリニューアルが必須

Webサイトは1度作って5年、10年同じものを運営することは殆どありません。
定期的なリニューアルが必要です。

前回制作してから何年もそのままの状態では集客宣伝効果も落ちていますので、ぜひInfinityへご相談ください。
現在のWeb環境に最適な形で制作します。

Webサイトの賞味期限は2〜3年
01-

Webサイトの賞味期限は2〜3年

Webサイトは制作・公開してから2〜3年ごとにリニューアルを行うのが一般的です。
これはなぜか。
提供しているサービスや商品が変わっていたり、会社の運営状況が変わっていたりということが多いことと、Web環境の変化によるものとあります。

また、デザインが古く感じたり、ユーザーからの目線では飽きが来ることもあります。
特にBtoCの業種や医療機関の場合は2年くらいでリニューアルを行うことをおすすめします。
Infinityのクライアントの多くは、この2年ごとのリニューアルを行う事業者様が殆どです。

リニューアルの際はコンテンツも見直し
02-

リニューアルの際はコンテンツも見直し

リニューアルを行う場合、デザインなど見た目を最新にする必要もありますが、それよりも重要なのは「コンテンツの見直し」です。

アクセス解析等を分析しながら足りないコンテンツを足したり、不要なコンテンツを削ったりとコンテンツの精査が必要になります。

普段からSEO対策を行なっている場合はこのコンテンツの精査は比較的スムーズに行えます。

他の制作会社から変更も可能
03-

他の制作会社から当社へ変更も可能

現在運営中のサイトを他のWeb制作会社で制作された場合でも弊社に切り替えて制作することが可能です。

この場合、現在使用中のドメインも引き続き使用できます。
サーバーに関しては現在の契約状況や新しく制作するサイトの機能にもより継続使用、または違うサーバーへ移転(引越し)して運営が可能です。

スマートフォン中心で考えます
04-

スマホ未対応サイトは至急リニューアルを!

現在運営中のサイトがスマートフォン未対応の場合大至急リニューアルを行う必要があります。
この「スマホ対応の定義」ですが、ただ単にスマートフォンで閲覧できるのではなく、「スマートフォンで最適に閲覧できる」ということになります。

スマートフォンに対応させるにはレスポンシブデザインで制作するか、パソコンサイトとスマホサイトの2つ制作するかのどちらかになりますが、主流はレスポンシブデザインとなります。
Infinityではレスポンシブデザインで制作を行います。この形であれば1つのサイトでパソコンからスマートフォンまで最適化して表示できるためです。

リニューアル時期の目安
05-

リニューアル時期の目安

下記の項目に1つでも該当する場合、リニューアルする時期を迎えていますのでご検討ください。

  • 前回制作してから2年以上経過している
  • スマートフォンに対応していない(即リニューアルが必要)
  • 商品やサービス内容が大きく変わった
  • コンテンツが増えて煩雑になっている
  • 集客、収益アップの効果が薄れてきている
  • 企業イメージを刷新したい