Web制作について

Webサイトのタイプ
01-

ホームページには様々なものがある

Webサイト(ホームページ)というと一色単に捉えられることが多いのですが、実は目的によって様々なタイプに分かれます。
ここでは事業者用のWebサイトについてご説明いたします。
この内容を理解しているか否かでWebサイトの考えが変わりますので、ご理解いただけますようお願いいたします。

会社・お店紹介サイトと集客用サイトの違い
02-

コーポレートサイトと集客用サイトは全くの別物

会社案内(コーポレートサイト)と集客用サイトは同じWebサイトでも「質」や「規模」が全く違うものなのです。
大きな違いは「コンテンツ:内容」です。
コーポレートサイトの場合は会社やお店の概要、サービス・商品の紹介といった「概要」が中心となります。
集客用サイトの場合、上記に加えてサービスや商品の詳細、対象ユーザーをサービスや商品に結び付かせる「プラスアルファのコンテンツ」が必要となります。

コーポレートサイトサイトの場合、大体が10〜20ページ以内で収まるかと思いますが、集客目的のサイトの場合、数十ページ以上になることが殆どです。
これは単純に商品やサービスを紹介するだけではなく、それ以外に重要なコンテンツを掲載する必要があるためです。

まずはこの「コーポレートサイト」にするか「集客用サイト」にするかをお決めください。

Webサイトのタイプ
03-

制作費やランニングコストも違ってきます

コーポレートサイトの場合、制作費は20万円〜50万円くらいでランニングコストもサーバー代やドメイン代程度で済みます。
集客用サイトの場合、サイト規模も大きくなることから制作費は中小企業・個人事業主の場合で50万円〜120万円くらい、ランニングコストも月3万円くらいから必要になります。

スマートフォン対応は必須
04-

全てのサイトがスマートフォン対応必須

会社・お店紹介用サイト、集客用サイトのどちらもスマートフォンに対応したWebサイトにする必要があります。
これを行なっていなければWebサイトを開設しても意味がなくなってしまうのです。

特に一般消費者をBtoCの業種や医療機関などは8〜9割以上がスマートフォンからのアクセスとなっており、パソコンでは殆ど見られていないため、スマートフォンに対応したWebサイト制作が必須となります。

当社では全てレスポンシブデザインで構築

スマートフォンに対応したWebサイト制作は

  • パソコン用サイトとスマートフォン用サイトの2つを制作
  • レスポンシブデザインで制作してどちらの端末にも対応させる

のどちらかになりますが、Infinityではレスポンシブデザインの制作を行なっております。

どちらのタイプを選べば良い?
05-

どちらのタイプを選べば良い?

これはWebサイトの目的によって変わります。
本格的にWebからの集客をご希望の場合は集客用、運営が初めてだったりとりあえずWebサイトが欲しいといった場合はコーポレートサイトをお選びください。

例えば新規開業の企業やお店の場合、開業時はシンプルに10ページくらいの事業紹介サイトを立ち上げて運営を行い、その後状況を見ながら1〜2年後に集客用Webサイトにリニューアルするという方法もあります。

まずはどのように運営したいかなど、大まかな内容で構いませんのでお気軽にご相談ください。
内容やご予算、開設後の運営状況なども考えて最適な内容でご提案いたします。

その他のタイプ

上記のタイプ以外にも下記のようなWebサイト制作も承ります。

  • ランディングページ(LP)制作
    1ページ内に全て内容を収めるタイプのサイトで主に広告運用に使用されることが多いです。
  • ECサイト制作
    通販用のネットショップ制作も色々な作り方、運営方法がありますのでご相談ください。
  • 求人・採用サイト制作
    今は人材確保のためにオフィシャルサイトとは別に求人専用サイトを運営するのが一般的となっております。
  • 教育機関などの非商用サイト:大学研究室や学校、幼稚園など非商用サイトの制作も承ります。
  • 個人用ブログサイト
    広告収入目的など個人でブログを運営してみたいという声が最近とても多く、こちらの制作やサポートも行なっております。